FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選ぶのは施主様の自由

実際の事業のFBページでは到底言えないことを愚痴ります!
そこは匿名ブログを活かし、仕事の愚痴と本音を言います。
今回は、少し長々と続きますが、大切なことなのでお役に立てれば幸いです。

少し前の話です。
施主様よりお家の水道工事の見積り依頼を頂き、現地へ調査に伺いました。
約1時間程費やして調査をし見積書作成期間として1週間頂きました。

そして、1週間後に再訪問。

施工予定図を見てもらい、現場で口頭説明をします。
丁寧に工事の内容を説明することで非常に満足をして頂けている様子で、施主様も笑顔でした。
この時点では…

そして、見積書に目を通してもらいます。

見積書の頭の金額を見て、施主様から

「高いわ!!」と言われました。

というか怒鳴られました。

え、えっ!??

と戸惑っていると、どうやら私以外の他に2社の業者からの見積りを貰っているらしいのです。
施主様の言葉は続きます。

「こんな金額じゃあ、おたくに頼めんわ!!」
と言われ、私は「そうですか。では失礼します」と帰ろうとしたら引き止めらる。
そして、他業者の見積書を見せ付けられました。

なんで引き止められ怒られなければいけないのか…
自分で言うのも何ですが温厚な私でも「いえ、もう結構ですから!!」とぶち切れそうな感情になってました。

渋々、再度お家の玄関まで通され、他社の見積書を拝見。

見て驚愕。

なんと、私の見積書の半額。
なるほど。逆にどんな施工でこの金額で出来るのか興味が沸いた私は、参考までに随所を拝見。


まず目に入ったのは、2社の名前。
その場では絶対に口に出せないことですが、あまり評判の良くない噂の業者であったこと。
そして、物凄く大雑把な見積り内容でありました。これはこれは…

現在、タイル土間の簡易トイレを取替え新たに配管を変更する。よくあるトイレのリフォーム工事なのですが、
便器や便座の値段は書いてあるものの、品番未記入。それ以外は、一式。
そして、諸官庁にいる費用などは全て別途で、金額不明。

私が作っている見積書は工事金額と諸官庁手続き費等、すべて込みで、もちろん、実際に施工し削減できた所は値引きするつもりです。
ただ、それでも、値段競争は出来ない程安い。便器、便座の値段は同じであったけど工事費がとにかく安い。

その場で、他社の見積書の質をどうのこうの言うわけにもいかず、まして良くない噂の業者であること(実際に前の会社にいた時に、ここの会社がした工事の更なるアフター修理が頻繁にあり、いかに工事が杜撰であったかという経験があるので確信がある)
など口が裂けても言えない状況のまま、暫く時間が経ちました。

そして、施主様の、いや、この際だから様付けはやめよう。

この施主の言葉は続く。

「どうや?これだけ金額に差があったら、あんたならどうする?どう思う?安いほう選ぶやろ普通!!」

私「・・・。」暫く沈黙。

そして続けた「いえ、私がどうのこうのより、業者を選ぶのは施主様の自由ですから。」

施主は、私のほうをじーっ見ている。というより睨みつけている視線を感じる。
また、暫くしてから、

私「そうですね…。残念ですがうちでは、この金額まで下げて合わすことは出来ないので、これで失礼します」と言って玄関を出る。
その途端、玄関扉をビシャー!!と閉められてしまいました

1週間前は、愛想良くお見送りまでしてくれたのに…少し切なくなりました



なんとも後味の悪い仕事でした

確かに施主の言いたいことも分かります。時代が時代です。安いにこしたことはない。また、現場仕事の金額なんて、あって無いようなもので迷うのも分かります。基準がありませんからね。
実際、金額はピンキリで現場によるし、状況にもよります。判断は難しいです。


ただ、一つ言えること。15年、この業界を見てきて感じ、分かったことがあります。
規模が大きな業者ほど工事は杜撰です。全て下請けに丸投げですし、遊ぶ暇を作らない為、会社を回す為にも、暇な時期は破格の値段を出したりします。
そして、細部まで施主の為を思ってみません。(全ての業者がそうではない)

偏見かもしれませんが、病院と真逆なんです。
自分が病気をした時、大きな病院に行ったほうが、いろんな検査をしてくれて、何かあれば即入院が出来て治療も早く受けれます。
その点、小さな町医者では、せいぜい薬をあてがい様子をみてくださいで終わり、暫くして実は大きな病原があり大きな病院へ…なんてことがあります。
しかし、建築業界はそうではない。

実は、この程度の規模の工事であれば、町の小さな工務店や水道業者のほうが小回りが利き、責任施工で、より施主様を思った丁寧な工事をしてくれます。
但し、宣伝効果が少ない為、この程度の小規模工事の多くも大企業にとられてしまう現実。

実際、前に私が勤めていた会社もそういう意味では同じ面がありました。
「これぐらいでいいやろう」というのが社員職人の口癖。

なんともお粗末な工事が多かったです。
そして、暇を作らない為にも時には格安の値段で工事を提供。不のサイクルでした。
当然、忙しい時期も暇な時期も、現場はきっちり工事したいという私の性格上、嫌気が指した私は退社をすることになったのですが…

とにかく、水道工事なんて目に見えない隠ぺい配管が数多くあります。
施主がいない間に、バババッと終わらせてしまう業者は危険極まりないです。
4、5年は支障なくても10年後20年後、必ず支障を来たします。


アドバイスとして

どんな業者であれ、実際に工事をしてもらう時は、出来る限り側で見ましょう!自分が見れない時は嫁に頼みましょう。
実は、この行為、職人さんは物凄く嫌がります。なぜなら上のことがあるからです。

そして、どうしても立会い見ることが出来ない時は、一部始終の工事写真を請求しましょう!

私の場合は、責任を持って、いかなる工事であっても全てカメラに収め、写真を施主様に渡し状況を説明します。
なので、工事以外に経費代ももちろん貰います。これも必要経費です。
経費を書いていない見積書を見たことがありますが、私の中ではそんな企業ありえないです。

とにかく私は、仕事丁寧がモットーです。なので職人さんは苦労します。(現在は自分が職人)

5年位持てばいいだろう…とか、はっきり言って最悪です。
安い工事も請けますよ。でもそれなりに理由はもちろん説明します。

例えて申し訳ないですが、工事屋は散髪屋じゃあないんですよ。
散髪は1000円の安い所でも良いでしょう。「どうせ、また直ぐに生えるんだから!」その考えは有りです。

しかし、建築工事は、そうじゃないでしょう?
長持ちさせるのが使命です。より長持ちするということは良り丁寧な工事なんです。

それにしても、豹変して怒鳴る施主はもう懲り懲りです。
もちろん私の顧客管理のリストにブラックでメモメモ…

コメント

リフォーム業界の仕組みの一端が分かりました

僕はまだ賃貸に住んでいますが、「リフォームは安さ優先」という考えでした。特に「大量仕入れ」のメリットで、安さを実現できる大手程よいと、勝手に思い込んでしました。でも重霧さんの詳細な話を読むと、実際は複雑なのですね。

見積書において、商品の品番未記入、工事費が安い、項目が少ない(一式や別途にまとめられている)場合は、工事が丁寧ではない可能性があるということ。是非、覚えておきます。

日々忙しいと、リフォームを安く短期間に仕上げてもらえばいいやとなりがちですが、しっかりと業者を選ぶ必要があると実感しました。

お客や業界への重霧さんの真摯な姿勢は立派です。応援していますよ。

Re: リフォーム業界の仕組みの一端が分かりました

一匹狼・リョウタさん

コメントありがとうございます。
安さ優先は、危ないですね。ただ、高ければ良い工事してくれるとも限らないのが、この業界です。
そこまでくると難しいんですけど。なので社長や店舗の上がきっちりした性格の人の店が良いですね。

安い工事するのなら簡単に言うと妥協すればいいだけのことです。
思い入れの違いなのですが。

例えでも。

散髪屋。
伸びてくるならなんでも良いとは、ききずてならんな。

Re: 例えでも。

散髪屋さん
コメントありがとうございます。まずは、返信が遅れたことをお詫びします。
私のブログは時に露骨な部分があります。
そして、例えて申し訳ないですと文面でも書いてますが、あくまで私の価値観です。
決して理容の仕事を侮蔑しているわけではありませんのでご理解下さい。
非公開コメント

プロフィール

heavyfog

Author:heavyfog
お立ち寄り
ありがとうございます!

当ブログは
アウトドア
テニス

バイク
釣り

インドア
映画
ドラマ
漫画
アニメ
手工芸レザークラフト
英会話
気になるニュース etc
を感じたままに記事にしています

『私のモットー』

したいことをし
思ったことを言う
他人に迷惑かけず
歩みたいよう歩むこと

何事も力の限り思いっきり

『人生楽しむコツ』

童心を忘れないこと
Don't think!!!Fee!l!

毎朝 目覚めた時
今日生まれたと思い
生活する
そうすれば
毎日のすべてが
新鮮に思えるよ♪

同感の方はぜひ↓をクリック♪

漫画を探すなら

お買い得アイテム

英会話

月別アーカイブ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。